インターネット契約とプロバイダー!

インターネットを利用するには通信回線が必要ですが、
通信回線は大きく分けて2種類あります

インターネット

1、固定回線(有線)
光・ADSL 光ファイバーや電話線などで、自宅と線でつなぐタイプ

2、モバイル回線(無線)
4G LTE 3G 電波による通信で、線をつなぐ必要がないタイプ(工事不要)でスマートフォンなどで利用されています

4G LTE 3G!とは

プロバイダー

光 / ADSL / 4G LTE 3Gは、インターネットに繋がる伝送路で、
インターネットを利用するには、接続サービス※が必要です
※契約者にグローバルIPアドレス(インターネット上の住所)を割り当て、インターネットと接続します

その接続サービスを提供しているのが
ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)
プロバイダーと呼ばれる、インターネット接続事業者です
※実際にビルが立ち並んでいる訳ではなく、局内にインターネットに接続する為の設備を設置しています

※回線によっては、「接続サービス込み」で提供されている為、
必ず、プロバイダーという事業者が必要というわけではありません

インターネット契約とプロバイダー!

固定回線とモバイル回線の違い

固定回線(光/ADSL)と
モバイル回線(4G LTE 3G)の大きな違いは、
使える場所と料金体系

光/ADSLは、料金定額で使い放題ですが、
線のつながっている自宅でしかインターネットを利用できません

4G LTE 3G は、電波が届く所なら自宅でも外出先でも利用できますが、
インターネットの利用量(データ通信量)により料金が異なり、
通信量による速度制限(通信速度が遅くなる)があります

データ通信とパケット

パソコンやスマートフォンのつながり方

光や4G LTEなどの回線網で送受信されるデータは、
・有線LAN(ラン)
・無線LAN = Wi-Fi(ワイファイ)
・Bluetooth(ブルートゥース)など、
色々な方法で、他の機器と接続できます

LAN

ルーター(中継機器)を使えば
光も4G LTEも同じような方法で、他の機器と接続する事が可能です

パソコンやスマートフォンのつながり方!